RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
右傾化する世界の中の日本
右傾化する世界の中の日本
                                平田 周
 
 ヨーロッパの東方拡大とロシアの反抗、欧米に対するアラブ社会の怨念、中国の覇権意識へのアメリカの戸惑い。その中で貧困をエネルギーにして勃興してきたイスラム国に代表されるテロ勢力。
 世界は、なんとなく世界各地で局所的に紛争が火を吹く現実に、防衛力を強化し、右傾化の傾向が強まっている。
 
 わが国では、安倍首相を中心に、自衛隊の活動範囲を世界に広げることを進めようとしている。特定秘密保護法、集団安全保障など、議会での多数勢力としてほぼ思いどおりに法案が可決し、右翼化への色彩を強めている。
 安倍晋三個人の思想が日本を動かしているということではなく、世界の右傾化潮流が安倍晋三を浮き上がらせているとみる。個人の力はそれほど強いものではない。日本全体が右傾化を、歓迎ではなくても、認める雰囲気にあるといえよう。
 恐いのは、日本人が海外で敵に襲われているのに見殺ししてよいのか。同盟国に万一のとき守ってもらうのに、その国が攻撃にさらされているときに、何もしないで見ていてよいのか。すべての情報が公開され、それが敵側の手に渡って不利を蒙るようなことがあってよいのか。わが国の固有領土なのに、尖閣諸島を中国が自国領土だとして勝手に振る舞う勝手に何もしないのか。
 
  そういう問題一つ一つを考えて答えを出し、それが是だとして決めて進んで行ったとき、ある日、なぜわれわれはこんなひどいところに来てしまったのだろうと後悔することにならないか。太平洋戦争は、誰が見ても間違いだった。こんなバカげたことをなぜ国民は許したのだ。後から見れば、誰もがそう思う。しかし、目の前の一つ一つの出来事に正しいと思われる答えを選らんだ結果、取り返しのつかない地点へと導かれてしまった。先を見ず、足元だけを見て、ここは大丈夫、この敷石はしっかりしていると確かめながら歩を進めて、いつの間にか崖ふちに来てしまったというのに似ている。
 
 頭を上げて、遠い先を見なければいけない。それはヴィジョンと呼ばれることもある。各政権はその都度、わが国が実現すべきヴィジョンをかかげる。しかし、国民はそれに対して白けた気分になる。絵空事と思ってしまう。美辞麗句で理想が書かれているにすぎない。キング牧師が行ったWe have a dreamの演説のような力強い響きは伝わってこない。
 問題が国民の中に一致して共有されていないからである。しかし、広く共感される問題、とくにそれが危機意識である場合、独裁的な施政者がそれを意図的に利用しようとすることが起きる。歴史上の悲劇のいくつかはそうした背景の下に起きた。
 
 人々は足元の安全を一歩一歩確かめながら進む。遠くにかかげられるヴィジョンは生命力を欠く。人々は自分自身の願いを持つ。けっきょくこの行進は、あてどなく彷徨いながら進んでいく。個人主義がいっそう隊列を乱す働きをする。しかし、人々は進む方向を強制されることを好まない。障害にぶつかるたびに、群れはこれまでとは別の方向をめざす。人が愚かなのか。人類の宿命なのか。
 
author:平田 周, category:社会, 16:41
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 16:41
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://groupjande.jugem.jp/trackback/392